なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
ぜひ、本館の掲示板へお願い致します♪  本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

EF50mmF1.4を入手。
まずはカメラに装着して、ファインダーの見え具合や操作感などをチェック。
やっぱりコンパクトだし明るいし、単焦点いいねぇ♪
カメラをテーブルに置いて、しばし眺める。 ・・・カッコいい。(笑)
やっぱりカメラの基本スタイルは、標準レンズ装着姿だな。


20D+50mmF1.8II & 1D2N+50mmF1.4
一番「カメラらしい」姿だと思うのだが・・・。


最近はメーカーの商品写真ですら、標準ズーム装着の写真だったりするし。
キットレンズ装着の写真なんて、購買意欲を削ぐんじゃ?、なんて思っていた。

そんな時、初めて標準単焦点を買った人のブログで、「装着した姿はレンズが
ちっちゃくて、ちょっとマヌケ(笑)」なんてのを発見・・・。
「ぇぇええ? そうなの? あの細くてひょろ長いキットズームの方が良いの!?」

「AF化した今のレンズは、標準単焦点でもちょっとデカいな。」と思っていたのに。
AFで標準ズームセットが当たり前どころか、デジタルが初めての一眼レフという
世代の人には、単焦点装着姿って特殊なんだなぁ・・・。
ちょっと、カルチャーショックの瞬間だった。

さあ、カメラを眺めて楽しむだけのマニアではないので、撮影に行かねば。(笑)
今日は5時に起きたのに、ドン曇りで断念。
今年の「夏休み」は、明日の1日だけ。 どうなることやら・・・。

nyapon

最近、託児所のミニプールで水遊びをしているらしいnyapota。
結構楽しんでいるらしいので、本物のプールに連れて行ってみることに。
nyaponもnyamoも久しぶり。 2人とも、10年ぶりくらいに水着を新調した。(笑)
nyapotaの浮き輪に防水デジカメ、準備万端で出発。

初&久々のプールは、みんな初めての東京サマーランドへ。
圏央道と中央道がつながったおかげで、相模湖経由で我が家から45分ほど。
ETCが反応せず、相模湖ICでバーをへし折ったものの(苦笑)、無事到着。
15時以降の割引チケット利用なので駐車場も空き始め、すんなり入場。
休憩エリアも難なく確保できて、いよいよnyapotaの初プール体験へ。


「水中というのは、光の屈折の関係でデカく写るもので・・・」
nyamo力説(笑)

まずは、屋外の水深30cmのプールで水遊び。
お風呂のシャワーは頭からかけると嫌がるくせに、プールでは楽しそうである。
40℃のお湯に浸かって少し体を暖めた後、流れるプールへ。
浮き輪を装着して、ゆっくり慎重に浮かんでみる・・・。
最初は顔が引きつっていたが、何とか「水が怖いモード」にならず、慣れたようだ。


「楽しいじぇー!」

プカプカと1周流れた後は、噴水の出る池へ。
噴出したり止ったりする噴水に、歓声を上げて大興奮!
どうやら、これが今日一番のヒットだったらしい・・・。
屋内の波のプールにも行ってみるが、ちょっと怖いらしく波打ち際で固まる。
おやつ休憩の後は、少し涼しくなってきたので、屋内で遊ぶことに。
ジャグジーエリアでも子供エリアでも、やはり噴水に大興奮のnyapotaであった。


噴水大好き♪

帰りのクルマでは爆睡のnyapota。 予想以上に楽しそうだったので、また行くか。
15時以降入場のパターンは、道もプールも空いていて正解だったし。

nyapon

暑くなり、庭の芝の伸びが速く、この時期は結構頻繁に刈らなければならない。
正確に言うと、芝より雑草の割合がかなり高いのだが・・・。(苦笑)

我が家の芝エリアは、狭い上に飛び石があるので転がすタイプの芝刈り機は不向き。
なので、今まではバリカン型のものを使ってきた。
ところが、それが故障。 駆動部分の部品が折れてしまった。
モータの回転をバリカンの往復運動に変換するため、元々無理が掛かる構造の上、
使用中に石を噛んだりすることも度々。 ついに力尽きてしまったようだ。


形状も、しゃがまずに使えるスティック型


で、今度は回転刃のタイプに。 
バリカン型は「ガシャガシャガシャ!」とかなりの騒音だったが、今度は比較的静か。
どの方向に動かしても刈れるので、効率も良くなった。
芝に混じる雑草を何とかすれば、もっと効率が上がるのだけど・・・。

nyapon

今日は、我が家も氏子になっている近所の神社の夏祭り。
お神輿が周ってくるので、nyaponは朝から公民館周辺の草刈りに参加。
お昼には、お神輿も神社を出発。 我が家周辺は、16時過ぎに通過予定。
数年前に担ぎ手に参加したが、半日練り歩くのは大変だったなぁ。
担いだ肩の皮も、慣れない足袋履きの足の裏もボロボロになったし・・・。(苦笑)


「母ちゃん、あの『わっしょい』を追っかけるじぇ!」

夕方、お囃子の音が近付いて来たので、nyapotaも一緒にお出迎え。
公民館までの数百メートルをお神輿に付いて歩くと、なぜかノリノリ。(笑)
一応「わっしょいわっしょい」らしい事を言いながら、ズンズン歩く。


「神様はどのへんに乗ってるんだ?」

今朝草刈りをした、我が家の組の駐輦所(ちゅうれんじょ)に無事到着。
担ぎ手の皆さんの休憩中に記念撮影。 神様の乗っているお神輿に触れさせて
頂くと健康でいられるそうなので、nyapotaも失礼して・・・。
なんだかうれしそうなので、そのうち子供神輿にでも参加させてみるか。
nyaponも、また担いでみようかなぁ。

nyapon

2年ぶりに、平塚の七夕まつりにお出かけ。

nyapotaは初めての七夕。 というか、お祭りに行くのも初めて。
nyamoが
新調した甚平を着せたいというのが、第一の目的のようだが・・・。
少し涼しくなった4時過ぎ、クルマで家を出発。 いつもの運動公園の駐車場へ。
無事に停められたが、その後、すぐに満車に。


メインの通りはかなりの人出

行ける所までベビーカーを押そうと、出発。
通りによってはかなりの人だが、押せないほどじゃない。
まずは、お好み焼きと焼きそばで腹ごしらえを。

nyapotaはすごい人ごみに少しビビリ気味だが、焼きそばは好きな模様。(笑)
飾り付けの多いメインロードはnyaponが抱っこで見物。
さすがにこのあたりから、ベビーカーは無理がある。
nyapotaは飾りを引っ張ったり、しゃべったり指差したり、なかなか楽しそうである。


2年前も、ここの飾りの写真を撮ったな(笑)

ぬいぐるみの当て物に、nyapotaが最近お気に入りのぞうさんを発見。
ハズレでも小さいのを貰えるので挑戦してみる。 まあ、結果は想像どおり。
nyapotaは、一番大きいのが気になるようだったが・・・。
しかし、とりあえずぞうさんをもらえてご機嫌。 歌を歌いながら車の方へ。

「ぞーたん、ぞーたん、おーはにゃにゃにょにょにゃー。」(笑)

人ごみを脱出してベビーカーに乗せると、
ぞうさんを抱いて寝てしまった。
が、クルマに乗ると復活して、ひたすら歌が続くのであった・・・。


ただいま、ぞうさんと仮眠中・・・

nyapon