なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
ぜひ、本館の掲示板へお願い致します♪  本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

昨年、nyamoのPCX150購入の際に頂いた、バイクのお宿の宿泊券。
いつも期限切れ直前に思い出すので、ご利用は計画的に・・・。

各地で被害が出るほどの豪雨の週末だけど、神奈川は薄日も差している。
目指す長野 安曇野方面も問題なさそうなので、予定どおり出発。
もちろん家族みんなで。キャンカーでなく、キューブ銀だぬき号出動。
18070701
相模湖ICから中央道を西へ。長野道に乗り継いで、順調に安曇野ICまで。
中央道は、駒ヶ根ー松川間が雨で通行止めとの表示が出ていたけど。

ちょうど、お昼どき。nyamoが調べておいた、人気のお蕎麦屋さんへ。
何度も訪れている安曇野だけど、このあたりは蕎麦処がたくさんある。
・・・にしても、本当に毎週お蕎麦を食べているな。(苦笑)
18070702
 そば処 「時遊庵 あさかわ」 さん

週末は1時間待ちも珍しくないという人気店だそうだけど、
天気のせいか、開店と同時に到着してすぐに着席することができた。

香ばしい蕎麦茶に、お通しのお漬物も美味しくて期待が高まる。
こし強めで香り高い二八蕎麦、ボリュームもあってうまうまでした♪
食後は、900坪あるという庭園をお散歩。山アジサイがきれいだった。
18070703
満腹満足で、大町方面へ。
途中、電車が見えた「安曇野ちひろ公園」に立ち寄って、少しお散歩。
格安野菜を販売中。ナス・キュウリ 1本10円にnyamoご機嫌♪(笑)
18070704
 「中が教室になってるよ!」

水力発電の町、大町市の「大町エネルギー博物館」へ。
少々レトロ感漂う、熱・光・運動・電気などエネルギーに関する実験展示。

空いていることもあり、チビ達は嬉々として遊び回っている。
大町や黒部のダム建設時の写真パネル展示なども、興味深かった。
18070705
18070706
雨が本降りになってきたけど、ダムマニアnyamo氏の要望で大町ダムへ。
情報館でダムカードを頂いた後、天端を歩いて対岸までお散歩。
雨続きで、絶賛放流中。下流側は、茶色い濁流が水煙を上げている。

「吊り橋が見えるな。あそこまで行けるのかな?」
再び下流に戻る途中でクルマを停めてみたら、規制もなく普通に渡れる。
昨年の城山・相模ダムの毎秒2000t放流には遠く及ばないけど、
揺れる吊り橋の下は轟音と水煙を上げる濁流。ちょっと怖いな・・・。
18070707
18070708
18070709
 この時点の放流量は、毎秒約160t

また雨は上がった。安曇野市に戻ってバイクのお宿に到着すると、
あいにくのお天気ながら結構混んでいて、ツーリングライダーも多かった。

ライダー用設備の整ったガレージなので、雨の中の到着でも平気だろう。
もう何度も利用している、ここ穂高と伊豆高原のバイクのお宿だけど、
バイクで来たのは、2人でKLEに乗っていた頃の1回だけ・・・。(苦笑)
18070710
 「バイク、いっぱいいるね♪」

関東甲信地方が、史上初めて6月中に梅雨明けしたのだと。
まあ、梅雨入り・梅雨明けなんて、感覚でしかないのは置いといて。(笑)
この1か月、なかなかバイクに乗れなかったので、今日こそ行くぞっ♪

早起きして富士さま方面へと思ったら、nyamoも朝駆けに出るらしい。
R246で御殿場のつもりだったけど、お付き合いして宮ヶ瀬へ。
湖畔を半周して、コンビニコーヒーとパンで簡単に朝食を。
既に6時過ぎから、前の道をひっきりなしにバイクが行き交っている。
1806301
 「みんな元気ねぇ!」

朝からチビをプールに連れて行くというnyamoと分かれて、道志みちへ。
さすがに6時台はまだクルマも少なく、法定速度域で快適にクネクネ♪
やっと今日からメッシュジャケットを出したのだけど、ちょうど良い気温。

道志の道の駅もまだ空いていて、お茶を買って裏の川の土手で休憩。
1806302
 鮎釣りを眺めながら

山伏峠を越えて山中湖畔まで。
天気も良く、富士さまも見えているので、定番の撮影スポットに立寄り。
1806303
 ちょっと雲が増えてきた

R138で籠坂峠を越えて須走、滝ヶ原から富士山スカイラインへ。
陸上自衛隊の演習場からは射撃音が響いている。
今日は、登山区間の富士宮口五合目まで上がってみようと思う。
7月10日からマイカー規制が始まってしまうので、良いタイミングだった。

路面は、木陰はウェットながらスプラッシュが上がるほどではない。
雨で流された落ち葉などが溜まっていたりするので、慎重にクネクネ。
標高2380m、現在マイカーで行ける国内最高地点に到着。
1806304
 駿河湾の絶景は見られなかったけど、雲海もまた良し!

周遊区間から登山区間に入る前に、防風インナーを着用しておいた。
気温は15℃。日向は思ったほど寒くなく、空気が乾燥していて爽やか♪

お土産に「富士山羊羹」をお買い上げ。
観光バスなどで駐車場が混み始めたので、下界に下りよう。
1806305
 雲上ツーリング♪


周遊区間まで下りて西へ。K71に乗り継いで、富士さまの西側を半周。
こちら側から見ても、富士さまは上半分がすっかり雲の中に。
それでも天気は良くて、朝霧高原の牧場地帯を快適走行♪

朝はコンビニパン1個だけだったので、鳴沢の道の駅で早めのお昼。
ここに来たら、ワンパターンだけど鳴沢名物「せんどそば」。
辛みそを溶いて食べる、大根山盛りのお蕎麦、今日もうまうまでした♪
1806306
 今週も、また蕎麦を食べてます・・・(苦笑)

富士吉田を抜けて、山中湖で富士さま一周完了。再び道志みちへ。
この時間になると、すれ違うバイクもクルマも多くなってきた。
道の駅はスルーしたけど、芝生広場までバイクで埋まっている・・・。

ひっきりなしのヤエーで疲れ始めて(苦笑)、県境を越えて神奈川帰還。
午後になって、走っていても暑いような陽気になってきた。
宮ヶ瀬のいつもの駐車場に立ち寄って、アイスコーヒー休憩を。
1806307
 もう、すっかり夏の陽気・・・

喉は潤ったけど、日向の暑さに耐えられない。もう、帰ろう。

14:00には無事帰宅して、梅雨明け記念ツーリング終了。
また今年も、「走りに行くなら午前中」の季節に・・・。(苦笑)

チビを連れてコンビニに立ち寄ったら、レジ前に積んであったコレ。
つい、「話のネタに買って帰ろう♪」と。 nyamoにはウケた。(笑)
1806281
 お前が持つと、さらに巨大に見えるな・・・

内容量:439g(めん:330g)、必要なお湯の目安量:1300ml・・・。
脂質:120.7gとか、食塩相当量:13.5gとか、なかなか危険な食品だ。

誰だ、コレ考えたやつは。(笑)
もう明らかに、お客を笑かそうとしているとしか思えない。
さすがは、愛すべきグンマーブランドの「ペヤング」@まるか食品である。

「※1日1食までにしてください。」とか書いてあるけど、
2142kcalのやきそばなんて、そもそも一人で完食しちゃいかん。(苦笑)

チビが楽しみにしているので、週末にでも家族みんなで頂こう♪

GW以来、久しぶりのクルマ旅へ。
nyamoとnyapotaが、「また、ハルピンラーメンが食べたい!」
最初の目的地は、半年前にも出かけた長野 諏訪に決定。

天気がイマイチで道も混まないだろうと、前乗りなしの土曜朝出発。
相模湖IC経由の我が家には、八王子JCT前後の渋滞は関係なし。
1806241
 開店10分前に到着!

前回、nyamotaと取り分けたら、「もっと食べたい!」とnyapota氏。
今日は、ちゃんと1杯ずつ注文していいからな。(苦笑)
nyamotaの食べられなかった分まで、しっかり完食した。
基本的に少食だったnyapotaだけど、そりゃ来年は中学生だもんなぁ。

「タレが重くて沈んでいるので、よく混ぜて」という注意のあるラーメン。
しっかり麺リフトして、丼の底からスープをかき混ぜて食べると、
ピリ辛の中にタレの甘味も感じられて、今日もやっぱりうまうまでした♪
1806242
 1麺目 しっかり混ぜてから・・・

食後のお約束、近くのホムセン&スーパーでお買い物を。
何だか、ホームセンターの入口で野菜や果物を格安販売中。
nyamo氏、嬉々としてひと山買い込む。(笑)

前回は諏訪大社の上社本宮に立ち寄ったので、下社秋宮に行ってみようと。
雨が本降りになってきたけど、そのおかげか駐車場も余裕で停められた。
境内には、手水ではなく湯気の立ち上る「御神湯」が。
手を付けていられないほど熱いお湯だった。さすが、下諏訪温泉の地。
1806243
 「大きなしめ縄!」 諏訪大社 下社秋宮(神楽殿)

ここ下諏訪は、中山道と甲州街道の分岐する宿場町。少し街歩きを。
街中にも、いたるところに「御神湯」や足湯がある。
江戸時代の宿場民家を保存した、「宿場街道資料館」に立ち寄り。
当時の中山道や旅の様子についての展示、などなど。

自由にお茶を淹れて休めるスペースがあったので、休憩させていただく。
風情のある中庭を眺めていると、nyamota「こんなお家に住みたい。」
いや父ちゃんも同意だけど、小1にしては渋い感性をしているな。(苦笑)
1806244
 「落ち着くねぇ・・・」

nyapon&nyamo 「何となく蕎麦が食べたくなった・・・」
ラーメンを食べてから、まだ3時間しか経っていないのだけどね。(笑)

nyamoが、「お蕎麦屋さん発見!」「おやつはお蕎麦♪」
諏訪大社秋宮のすぐ目の前に、「手打そば」と書かれたお店が。
下調べ無しで飛び込んでみるのも、旅のお楽しみ。
良い香りを期待して、シンプルに「盛りを3つお願いします♪」

太く短めで荒く切り揃えられたお蕎麦、歯応えがあるのも嫌いじゃない。
わさびを乗せて食べても、お蕎麦の香りが引き立ってうまうま。
「少しでいい」と言っていたnyamotaも、モリモリと食べて・・・。
蕎麦の実から自家栽培しているとか。良いお店に当たったかも♪
1806245
 2麺目 良い香り♪

おやつ(笑)も済ませて、R142中山道から白樺湖方面へ。
新和田TN付近では、大雨の中、マスツーリングのバイクとすれ違う。
nyamoの要望で、K40ビーナスラインを少し北上して女神湖畔まで。

今年は、結婚20周年。式を挙げた教会(の廃墟・笑)の見物に。
2年前、400Xこまち号を買ってすぐの頃に現場確認に来たけど、
あの時以上に雑草が生い茂っているし、雨の日はさらに寂しいな。(苦笑)
1806246
 決して廃墟マニアではない(笑)

R152大門街道で山を下りて、K17で原村を抜けて富士見町まで。
温泉もある蔦木宿の道の駅で、本日の予定終了。

夕方には雨が上がる予報だったけど、まだ降ったり止んだり・・・。
1806247
 「ゆずは雨でも平気ですよ♪」

日曜朝になって、やっと晴れ間が見えてきた。
さすが人気の駅。雨模様ながら、車中泊のクルマも結構多かった。

コーヒーを淹れて、少しのんびりしてから出発しようか。
朝ごはんは買ってあったけど、「最後は、うどんで締める?」
1806248
 やっと、空には晴れ間が

いつもどおり、韮崎までR20甲州街道を走ってから中央道へ。
笹子TNを越え、初狩PAで、お気に入りの「富士吉田の田舎うどん」を。

以前は「吉田のうどん」を名乗っておらず、富士吉田市から離れているし、
「きっと、大人の事情があるんだろうな」と思っていたのだけど・・・。
お味の方は変わらず、歯応えも「吉田のうどん」で、うまうまでした♪
1806249
 3麺目 変わらぬ歯応え!

満腹満足で、渋滞にも遭わず順調に相模湖ICまで。
雨も上がって路面もドライに。山梨・長野方面へ向かうバイクも多い。
オギノパンの前を通ると、駐輪場にはやはりバイクもたくさんいた。

給油も済ませて、10:00過ぎには無事に帰宅。
昨日から、ラーメン・蕎麦・うどん。自称「麺類好き家族」の面目躍如!

でも、「お昼は、ご飯ものにしようねー!」(苦笑)

4年ぶり9回目となる、夏の北海道旅を絶賛計画中。
往路に続いて、復路のフェリーチケットも無事ゲットして、日程が確定♪
ずっと新潟航路を利用していたけど、今回は15年ぶりに大洗航路で。

4年前は、nyamoの10年ごとの永年勤続旅行扱いで、特に帰りは
船に2部屋しかなく、室内で走り回れるような「スイート」だったけど、
さすがに完全自腹の今回はそんな部屋は無理!(苦笑)

それでも、キャンカー航送に加えてチビ2人とも運賃が掛かるようになり、
繁忙期の「スーペリアオーシャンビュー」で、片道10万円超・・・。
まあ、船旅を単なる移動時間だと考えるとお高いけど、
優雅に楽しむ、北海道旅の大事な「プロローグ&エピローグ」なので♪

昔から、フェリーのペットルームが好きじゃない、ゆずさん。
お年を召して、そろそろ、乗下船と長時間のケージの中は辛いだろう。
今回は、じぃじの家でお留守番をお願い。ちょっと寂しいけど・・・。
1806162
 今回も晴れるといいね

久しぶりなので、北海道旅のバイブル「キャンピングガイド」も更新。
札幌の出版社だけあって、東京の会社が出す「北海道版」と比べると
情報の量と質がケタ違いで、バイクでのキャンプツーの頃から手放せない。
何気にコラムなどの読み物も面白くて、毎回楽しみだったり♪

北海道は無料や格安のキャンプ場が多くて、道の駅と適宜使い分け。
ただ、テントを張る訳じゃないし、トイレと電源でもあれば十分なので、
もっと、簡易的な「RVパーク」の類が増えてくれると嬉しいのだけど。
1806161
 6年ぶりの更新!

道の駅も、以前は名前を見れば大体どんな所か思い出せたけど、
久しぶりにマップを見てみると、知らない駅が結構増えている。
初めての駅に訪れるのも楽しみ!

道内滞在は実質7日間。どこをどう周るかは検討中。
国鉄美幸線の跡をエンジン付きトロッコで往復10kmも疾走できる、
「トロッコ王国 美深」は決定。nyamotaは覚えていないので再訪を。

あと、美深まで行ったら、音威子府駅の黒い蕎麦は外せないかな♪
汽車旅派だった国鉄時代、天北線乗換駅の頃から親しんだ味。
以前、nyamoに紹介してからは、道北での必須立寄りポイントに。

宗谷岬までは・・・、まあ今回は行かなくても良いかな。(笑)
1806163
 「運転士さんみたい!」

1806164
 学生時代から親しんだ味♪

1806165
 宗谷丘陵は魅力的だけど・・・

SSTRにも参加した会社の後輩も、今夏、初の北海道キャンプツーへ。
例のキャンピグガイドも紹介してあり、やはり現在計画中なのだと。
天気が崩れると、こちらの夏の服装だと凍えることなどアドバイス。(笑)

フェリー乗り場での乗船待ち。着岸して北の大地に降り立つ瞬間。
あのワクワク感は、何度クルマ旅をしても過去1回だけのバイクに敵わない。
これは、nyamoも同感とのこと。

ホクレンの旗を買って、すれ違うバイクに向かって振ろうかなぁ。
1806166
 またいつかは・・・