なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
ぜひ、本館の掲示板へお願い致します♪  本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

夏休み最後のイベントとして恒例になっている、バイクのお祭りへ。
毎年、山梨のふじてんリゾートで開催される、「2りんかん祭り EAST」。
また、家族みんなでお出かけすることに。よって、今年もクルマで。

台風の影響もなくなり、富士山麓は絶好のイベント日和。
気温25度。日向にずっといると少々暑いけど、風は爽やかで。 
1808252
 大盛況!

まずは部用品ブースで掘り出し物探しをするも、今年は手を出さず。

最後まで悩んだのは、Willis&Geigerのコットンサファリジャケット。
税込み32,400円のお品が、色サイズ現品限りながら10,000円。
大好きなデザインだけど、400Xに乗るにはトラッドすぎるなぁ・・・。

色々なメーカーのサンプルや、ノベルティを頂いたりして満足♪
エクストリームバイクとダートトラックのショーが始まったので見物に。
これ、毎年結構楽しみ♪ リアのブレーキキャリパーが3つも付いてる!
1808253
 間違った女子とのタンデム(笑)

1808254
 高さ95cmクリア!

ランチは、ケータリングカーの中からステーキ丼をチョイス。
結構並んだけど、しょうゆ味のステーキソースでなかなかうまうま♪

お昼になっても空は快晴。富士さまは、頂上あたりに少しだけ雲が。
イベントで時々見かける仮面ライダーさんが、お茶を買ってた。
仮面のまま飲もうとして、死ぬほどむせてる。大丈夫かライダー?!(笑)
1808255
 うまうま♪

1808251
 富士さま♪ ・・・ん?ライダー?(笑)

チビ2人は、毎年恒例の「駄菓子詰め放題」に参戦してホクホク顔。
nyamota氏が昨年に続いて「Kid's バイク体験」にも参加。
自転車にもほとんど乗らないから、去年より下手じゃないか?(苦笑)

nyamoは、「女性限定 リラクゼーションコーナー」のネイルアートを。
思いのほか乾くのに時間がかかり、「ウェアの試着がしづらい!」。(笑)
他のバイクイベントと違って、家族向けコーナーも充実しているのがいい♪
1808257
 今年の戦利品

1808256
 緊張する2号車の人

1808258
 「早く乾けぇー!」

2りんかん祭りにバイクで行ったのは、リターンした年の1回だけ。
久しぶりに、またバイクで行きたい気もするけど・・・。
ただ、標高1300mの会場はともかく、今日も神奈川は35℃だったとか。

・・・危険だ。(苦笑)

以前からnyamotaが「見るだけじゃなくて、電車に乗りたい!」と。
・横須賀線(の電車)に乗りたい
・東京駅で新幹線をいっぱい見たい   とのご要望。

よし、元汽車旅派の父ちゃんが、完璧な乗り鉄プランを考えてやる。(笑)
JR東日本の「休日おでかけパス」を活用して、東京・千葉を巡ろう。
新型の特急列車とか、2階建てグリーン車にも乗せてやるからな♪

夏休み終盤の日曜日、親子2人の鉄分100%日帰り旅へ!

[1]相模線 海老名→横浜線 八王子
180819a
早起きして海老名駅へ。慣れない「指定席券売機」ですべて発券。
予定より1本早い、横浜線に直通する列車に乗ることができた。
nyamota氏、何だかいきなり眠そうだぞ・・・。(苦笑)

乗換えも減って八王子駅で余裕ができたので、貨物列車や特急を見物。
次は、新型特急車両を使用した「かいじ102号」に乗車♪

[2]中央線 八王子→新宿
180819b
18081901
 小田急ロマンスカー以外の特急乗車は初めてな人

「しんがた、きれいだね!」 初めての特急列車に、nyamotaご機嫌。
普通車でも全席に100Vコンセント装備なのが、さすが今どきの車両だな。

ロマンスカーもそうだけど、決して速度が速いという訳ではない。(苦笑)
八王子以東は、特急というより楽ちん座席のライナー列車の性格らしい。
この区間、料金不要の特別快速が、じゃんじゃん走ってるからねぇ。

[3]山手線 新宿→上野
180819c
新宿からは、山手線外回りで上野まで。
上野駅では、「ママにおみやげを買うんだ!」とnyamota。
ママの好きな洋菓子、パンダパッケージバージョンをお買い上げ。

ここで、お昼の駅弁も買っておこうな♪
せっかく、久しぶりの汽車旅。今日は、無粋なコンビニ弁当はやめよう。
飲み物を買って、ホームのベンチで常磐線の特急を眺めながら休憩。
上野東京ライン開業で、上野始終着の列車が減ったなぁ・・・。

[4]常磐線 上野→成田線 成田
180819d
成田線直通成田行きに乗車。乗り換えなしで1時間15分。
きっとnyamotaが眠くなると、お昼寝タイムを想定。・・・案の定。(笑)
地下鉄経由で小田急の車両が乗り入れていたり、面白いんだけど。

単線ながら、10両編成の列車が上野から直通する成田線。
ダイヤ設定が良くて待ち合わせ時間も少なく、それほどローカル感はない。

[5]成田線 成田→総武線 東京
180819e
18081902
 うまうま♪

いよいよ、nyamota念願の横須賀線(の電車)に。
乗るのは、横須賀線内ではなく、東京までの総武線区間だけど。(苦笑)

この列車でゆったり駅弁を食べようと、グリーン券を買ってある。
nyamotaのご要望で2階席へ。1階も目線が低くて迫力があるのだけど。
nyamotaは神戸のリラックマ弁当、nyaponは鳥取のしいたけ弁当を。
いつも思うけど、駅弁って、どうして冷めても美味しいんだろう♪

東京駅地下ホームに到着。ここ東京で、4時間ほど時間をとってある。
新幹線を見物したり、フリーパスを活用してウロウロしてみよう!
「まずは新幹線!」と、入場券を買ってUターンラッシュの続くホームへ。
18081903
 お前の好きなE4も、もうすぐ引退だからな

18081904
 定番のE5&E6、「はや・こま」!

北海道・東北・秋田・山形・上越・北陸。隣のホームには東海道も。
西日本と九州以外の新幹線がすべて見られるここ。nyamota氏、大興奮!
父ちゃんに似て連結部も大好きなので、東日本の新幹線は最高。(笑)
「はや・こま」の連結部など、記念撮影の親子連れで大混雑だった。

せっかくだから、nyaponも復元後に見ていない駅舎を見ておこう。

階段を上ったり下りたり、少し歩き疲れたから、お茶でもするか?
それじゃ、トレインビューで有名なスタバに連れて行ってやろう。
nyamota「ここは、すごくいいおみせだね♪」(笑)
18081905
 「おしろみたいだね!」

18081906
 「はやぶさ、きた!」

さて、少し落ち着いたので、電車に乗ってウロウロしようか。

まずは、新橋まで2駅。「旧新橋停車場 鉄道歴史展示室」へ。
「ここが、日本で初めて汽車が走った時の駅なんだぞ。」
発掘されたホームの遺構、復元駅舎の中には鉄道の歴史資料など。
ちょうどやっていた企画展は興味深いもので、父ちゃんも楽しかったよ。
18081907
 復元ホームと線路

次は、東京を通り過ぎて、やはり2駅目の秋葉原へ。
nyamota、電気街の歩行者天国が珍しいらしく、楽しそう。(笑)

中央線の高架下、ショッピングモールの一角にある「旧万世橋駅」へ。
ホームや階段の遺構が保存されており、ホーム跡では列車を間近に。
中央線の上下線に挟まれた空間に顔を出す、不思議な感覚♪
高架下のモールの中には、Kawasakiのバイクのショールームなども。
18081908
 「あずさごう!」 

東京駅に戻って「ママへのおみやげ その2」を。(笑)
皇居外苑公式、菊の御紋の入った高級どらやきをお買い上げ♪

おやつとジュースを買って、地下の総武・横須賀線ホームへ。
「成田エクスプレス38号」に乗車。本日2回目の特急列車で、全車指定席。
空港は帰国ラッシュとのニュースを見たけど、あまり乗っていないなぁ。

[6]東海道線 東京→大船
180819f
18081909
 「このでんしゃが、いちばんすき♪」

夕方の成田エクスプレスの東京以西、ネット予約で35%OFFだった。
この区間は、ライナー列車としても使ってもらおうということらしい。
子供料金のない普通列車のグリーン券より割安だったので、使ってみた。

nyamotaは、この列車が一番気に入ったとのこと。
おやつを食べながらゆったり。さすが東海道線、特急らしい高速で。
いつも相鉄線から眺めていた横浜付近は、違う視線が楽しい模様。

残念ながら電車区のある大船止まりなので、茅ケ崎まで普通電車で。

[7]東海道線 大船→茅ケ崎
180819g
わずか13分の乗車ではあるけど、夕方の東海道線でもしっかり座れた。
結局この日乗った列車、自由席もすべて座れて、快適な旅だった。
今どきの普通列車はロングシートばかりで、「旅情」はイマイチだけど。

大船では5分、茅ケ崎では8分と、なかなか絶妙な乗り継ぎ。
いよいよ最後の相模線。ボタンを押してドアを開閉する。
nyamotaが大好きで、わざわざ閉じているドアから乗車。(苦笑)

[8]相模線 茅ケ崎→海老名
180819h
外はすっかり暗くなってしまったけど、約30分の乗車で海老名駅に帰着。
新橋と秋葉原への移動を含めると、11本の列車に乗った日帰り旅。
最後に、発車してゆく車掌のお姉さんに手を振って無事に終了。

そういえば、ほぼすべての列車で車掌さんが手を振ってくれたな・・・。
東京駅を発車する新幹線では、運転士さんも。ありがとうございました♪

nyamota氏に「どうだった?もう飽きたんじゃない?」と訊いてみると、
「今度は、グリーン車の1階に乗りたい!」と。(笑)
で、鉄道写真家 nyamota氏の作品から、本日の最高傑作。
18081910
 おっ、この構図と陰影、いいじゃん!

北海道旅から帰った翌日、少々寝坊して起床。窓を開けると・・・

「まあ!どうしたことでしょう♪」 (←2日連続・笑)

気温は20℃台前半で、空気も乾いて爽やかな風が吹いている。
これはバイク出さなきゃ!8月に入って、エンジン掛けてないし。(苦笑)
外での作業も苦にならない涼しさなので、以前からやりたかったことを。

サスペンションのプリロード調整。
2年間、ずっとノーマル放置だったけど、ちょっと締め過ぎの印象。
決して「コーナリングがどうの」ではなく、荒れた路面のバタつき対策で。
もう少しストロークの範囲をうまく使えれば、軽減するんじゃない?と。

「こんなもの、極端に振ってみないと絶対に違いが分からん!」
ということで、まずは最弱に。フロントもリアも。(笑)
18081803
 フロントをクルクル

18081804
 リアもカチカチッ

昼食後、テストランを兼ねて宮ヶ瀬缶コーヒーへ。

・・・あれ? 何だか、ちょうどいい感じじゃない?
極端なポヨンポヨンになるのを、少し期待していたのだけど。(笑)
橋の継ぎ目などでバタバタしていたのが、ずいぶん丸くなった♪

それでも、体重を掛けた状態で極端に沈むようになったとは思えない。
ほぼ標準体重のつもりだけど、想定荷重が大きすぎるのかな?
グローバルモデルゆえ、ごっつい体格&タンデムを想定してるとか。
でも、400は日本向け専用のローダウン仕様らしいからなぁ・・・。

クネクネでの副作用も感じなかったし、しばらくはこれで乗ってみよう。
18081801
 適度な賑わいで

宮ヶ瀬湖畔の温度表示は25℃。今日は、ヤエーを送ってくれる人が多い。
缶コーヒータイムも、メッシュジャケットを着たままでOKな爽やかさ。
空を見上げると、秋のような雲も見える。

このまま涼しくなるとは思わないけど、毎日のようにスマホに
「熱中症の危険あり。運動は原則中止。」と警告が届かないだけ良い。
夏休み中にバイクに乗れるのは、おそらく今日が最初で最後だけど、
もうすぐ、またお散歩ツーに最適な季節がやってくる。
18081802
 湖からの風が気持ちいい♪

帰りの船は、「さんふらわあ ふらの」という2017年就航の新造船♪
「花びらの1枚から乗るんだよ!」と、徒歩乗船口へ向かうnyamota。

お前、やっぱり詩人だな・・・。 父ちゃんも英語が分かり始めた頃に、
「サンフラワーってことは、実はヒマワリの絵だったの?」と思ったけど、
やはり、水平線から昇る太陽のデザインで正解らしいぞ。(苦笑)
1808171
  同乗者は、花びらの1枚から乗船

港外に出ると、台風の影響のあった往路よりも揺れ始めた。(苦笑)
風が強くて波も高いらしく、往きと同じくお風呂も早じまいとの放送が。

シャワー付きの部屋で問題ないけど、立っているのが大変なほどの揺れ。
レストランも混むので、下船までの3食分の食料も買い込んできたし、
やはり、酔い止めを飲んで早めに寝てしまおう。
1808172
 北海道といえば、これも♪

明け方には揺れも収まり、7:00に金華山沖を通過する頃には快晴に。

デッキは解放されていたけど、nyamotaが吹っ飛ばされそうなほどの風。
潮が吹きつけてメガネが真っ白になるような状態なので、早々に退散!
1808173
1808174
窓の外を見ると、左舷側の部屋なのに、もう近くに陸地が見えている。
大洗港には、予定の14:00より30分早着するとの放送があった。

汽笛の音でまた外を見ると、タグボートが寄ってきて並走し始めた。
そして、停船すると、がんばって押し始めるタグボート。
サイドスラスターがあると、どこでも自力で着岸できるのかと思っていた。
1808175
 窓が潮まみれで見づらい・・・(苦笑)

1808176
 上陸!

水戸大洗ICから東水戸道路に乗って、常磐道経由で圏央道へ。
高速に乗った途端に横風がひどくて、圏央道は80km/h規制中・・・。
背の高いキャンカーは、常に修正舵を当て続ける、手に汗握る走行。

菖蒲PAで休憩して、もうひとがんばり。
それでも、新潟港までの350kmに比べれば、150kmの大洗港は近い。
1808177
 吹き流しが真横!

相模原ICに無事帰着。いよいよ、暑い神奈川に帰ってきたか。
路側の温度表示を見ると・・・、「まあ!どうしたことでしょう♪」(笑)

気温は25度、湿度も低くて日陰などは涼しいと感じるくらい。
半袖で後悔した昨日の北海道ほどじゃないけど、快適で良かった!

朝から本降りの雨。
今日は、屋内スポットを周ってからフェリーターミナルへ移動の予定。
最初は、千歳の道の駅に隣接した「サケのふるさと 千歳水族館」へ。
駐車場が混むだろうと、開館1時間前に移動しておいて正解だった。

日本最大級の淡水魚水族館だそうで、サケ・マスの仲間など、
北海道の淡水魚を中心にした展示で、とても綺麗で見易かった。
1808161
何と言っても、隣を流れる千歳川の水中が観察できるコーナーがいい!
今日は雨による増水か濁っていたけど、それでも多くの魚が。
10月にはサケの群れが見られるとのこと。これは見ていて飽きないな♪
1808163
1808164
チビ2人は、道の駅と水族館を周る謎解きゲームに参加。
なかなか高度で、nyapon & nyamoも参戦して、何とかクリア!(笑)
1808162
ランチは、ウトナイ湖の道の駅に移動して。
ホッキ貝の押し寿司が美味しいと聞いていたので、ぜひ食べて行こう。
サンマ、シャケの押し寿司も一緒に。確かにホッキが甘くて美味しかった!
1808165
食後は、苫小牧科学センターへ。なんと入館無料。
科学実験や乗り物の展示、昔ながらのプラネタリウムなどなど。
苫小牧の地に、宇宙船ミールの予備機が展示されているのには驚いた!
1808166
1808167
1808168
食料の買い出しを済ませて、フェリーターミナルへ。
久しぶりの大洗航路、間違えぬよう西側のターミナルに。

明日の夜には、暑い神奈川に帰着の予定。
最高気温が10℃台の北海道から帰ると、辛いだろうな・・・。(苦笑)
雨模様が続いたけど、バイクの皆さんもお疲れさま!
1808169