なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

・日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
・本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

連休中の「お家遊び」で、バイクの部品寸法を測定した。
地面に寝転んで下からのぞき込み、ノギスの目盛を読み取り。
・・・目が近すぎて、よく見えない。(苦笑)
1mm目盛はともかく、0.1mmのバーニヤ目盛が厳しくて。

「最近、安いデジタルノギスをよく見掛けるよな。」
「あれ、使い物になるのかなぁ・・・?」
1000円以下で売っていて、店によって形は微妙に違うけど、
読み取り&表示部はみんな同じモジュールのヤツ。(笑)
20050801
 一番安いショップで買ってみた♪

パーツのガタやズレもなく、加工や組み立ての精度はOK。
樹脂製なのは、今まで使っていたアナログノギスも同じだし、
軽くて取扱いに気を使わなくて良いので、逆にありがたい。
そして何より、大きなデジタル表示は読み取りやすい♪(笑)

とはいっても、やはり肝心なのは測定精度が許容できること。
何回スライドさせても、ゼロ点でちゃんと0.0mmに戻る。
うん、再現性は問題無さそうだな。 では、何か測ってみよう。
20050802
 20.0mm(-0.1mm)

うーん、ちょっと擦り減っていたりするのかな?
それでは、アナログの方で。
20050803
 「いや、これは20.0だ」(笑)

もうちょっと大きいものも測ってみようか。
20050804
 26.5mm(-0.1mm)

20050805
 85.6mm(-0.1mm)

・・・ある意味、抜群の安定感だ。(苦笑)

まあそもそも、nyaponのホビーユースには十分な精度。
当然校正もできず、仕事で使うような代物では無いけど、
お遊びで、0.1mmの誤差が問題になるような場面は無い。

職場にあるミツトヨ製の「精密機械感」には憧れつつも、
価格的にも使用頻度的にも完全にオーバークオリティ。
あの精度だって、定期的に校正に出してナンボのものだし。

まず、これだけのものが、予備電池付き、税・送料込みで
実質600円で買えて、翌日には届くということに驚愕だ。
まったく、すごい時代になったものだと・・・。(笑)

緊急事態宣言の解除は、まだ先になりそうな神奈川県。
「もうしばらくは、バイクに乗れそうもないなぁ」なんて。
臨時休業とGW休暇を挟んで、在宅勤務も1か月となり、
「そういえば、クルマも全然乗れていないぞ」と気付いた。

在宅勤務開始以来、乗ったのは連休中の買い物で1回だけ。
花粉も飛んでいたし、風の強い日には木の芽や落ち葉が舞い、
ここ何日か、天気予報では黄砂も飛んできているとか。

新聞を取りに出た朝や、夕方のウォーキングの時には、
一生懸命見て見ぬふりをしてきたけど、(苦笑)
クルマのボディも窓も、結構大変なことになっている。
20051401
 うわあぁぁ・・・

屋根や窓の下には、落ち葉と小枝が山になっていたり、
立ててある前後のワイパーにはクモの巣が張っていたり。

指で「近日洗車予定」とか書かれている汚い車がいるけど、
もうこうなると、指でも触りたくないような状態・・・。
20051402
 もう、触りたくない(苦笑)

「さすがに週末に洗ってやるか?」と思いつつ、
あと2週間も乗らないで雨ざらしにするだけだと考えると、
ピカピカにするモチベーションが上がらない。

出社日が確定したら、その前に洗車しよう!(笑)
でも、すぐに梅雨入りして雨が続いたりするんだよなぁ。

先月末、会社の臨時休業期間から始めたウォーキング。
ジョギングシューズを会社に置いてきたので家用に購入し、
タンスの奥から久しぶりにウェアや帽子を引っ張り出したり、
スマホが大きいのでウエストポーチを新調してみたり。

音楽を聴きながらガシガシ歩いていると、
ヘッドホンのケーブルがずれてきて、なかなか鬱陶しい。
以前のものはスポーツ用でクリップ付きだったのだけど、
nyamo氏が「そもそも、今どき有線なの?」と。(苦笑)

「使ってないのがひとつあるから、あげる。」
左右独立は落としそうで不安なので、このタイプがいい♪
20043002
 「おっ、JBL製じゃないですか」

試してみたら、ノイズも無いし途切れることも無い♪
バッテリーも、1回の充電で8時間も使えるので十分。
今どき、インカムもカーオーディオもBluetoothなのだし、
もっと早くワイヤレスにしておけば良かった。(笑)

毎日、音楽を聴きながらご機嫌で歩いていたのだけど、
10分/1kmペースのつもりなのだけど、どうも距離が短い?
iPhoneの「ヘルスケア」アプリによると6km台半ばなのに、
Webマップで調べてみると、やはりちょうど8kmほどある。

8kmコースなら、ペースと所要時間で計算が合う。
このアプリって、位置情報は使わずに歩数換算っぽいな。
アップダウンは、河岸段丘の上り下りを2回やるので、
34階≒100mというのは妥当な数値で、結構きつい。(笑)
20051001
 実際は、8kmコース

さて、臨時休業を含む会社の16連休も、今日で終わり。
明日からの在宅勤務は、最新の情報では「月末まで」に。

このウォーキング、もとはと言えば休暇中ではなくて、
在宅勤務期間の日々の極端な運動不足の解消が目的だった。
なので、明日からが本番。
平日終業後は、休日よりも短縮コースで歩くつもりだけど。
20051002
 4月後半の運動不足っぷりときたら(苦笑)

今後の業務の事など、色々と気になる事はあるけど、
第一義は「人との接触を減らすことに貢献」すること。
三密を回避しつつ、健康も維持していかなくては。

もちろん、「在宅」を可能にしてくれている、
今も世の中を回してくださっている多くの方々や、
医療現場で奮闘してくださっている方々に感謝しつつ。

チビ2人の髪が伸びてきて、なかなか鬱陶しい状態に。
しかし、こんな時で散髪屋さんに行くこともできず、
順番に洗面台の前に座らされて、「美容室 nyamo」開店。

過去、nyamotaが「ちびまる子ちゃん」にされたことがあり、
特に兄貴の方は戦々恐々。「明日、登校日だからね!」(笑)

しかし、2人ともいい感じの仕上がりで、nyamoも自画自賛。
「そのへんの散髪屋さんより、カッコ良くなったじゃん♪」
「それでは次のお客さん、どうぞー!」

そう、実は一番鬱陶しい状態だったのは、nyaponの頭。
ちょうど「そろそろ散髪に」というタイミングで外出自粛。
横や後は少しクセ毛で、伸びると巻いてきて気持ち悪く、
そろそろ耐えられなくなってきていた。
20050701
 「耳の周りと襟足をサッパリお願いします。」

コツを掴んだらしく、慣れた手つきでチョキチョキ。
やはり、なかなかいい感じに仕上がり、nyamo氏も満足。

nyamoの職場では連休前、慣れない在宅での会議で、
PC画面上に素っぴん女子の顔がたくさん並ぶという、
最重要機密情報がチームメンバーに公開される、
情報セキュリティインシデントが発生したらしい。(笑)

うちの職場のオンライン会議は基本的にカメラOFFだけど、
来週からの業務再開でも、今のところ在宅勤務の予定。

「お洒落な無造作ヘア」などという域を遥かに越えて、
少々ワイルドな見た目になりかけていたnyaponも、
これで、不意の「事故」の心配は無くなった。(苦笑)

ステイホーム週間「お家遊び」ネタの工作に着手。
先日美品を入手した、400X こまち号のスリップオンマフラー。
その取付け準備として、センタースタンドストッパーの製作を。

まずは、純正マフラーに溶接されたストッパーの構造を確認。
なるほど・・・。 400F/R/Xで、Xだけこれが付いているのね。
簡単に「マフラーバンドからのステーでは?」とも思ったけど、
スタンド跳ね上げ時は結構な衝撃で、強度的に厳しそう。
20050303
 手前が触媒側

落ち着け、落ち着け。 これは「お家遊び」のネタだぞ。
「楽しくじっくり時間を掛けて工作しよう」が今回の趣旨。
お手軽に手っ取り早く作ってしまったら、本末転倒だ。(笑)

では、エキゾーストパイプに頼らない構造を考えてみよう。
地面に段ボールを敷いて、ゴロゴロ。 下から顔を突っ込んで。
スタンドをフレームに当てて止める「突っ張り棒」がいいか。
20050304
 「おっ、あの穴が使えそう?」

スタンドの根元に、ちょうどいい感じの穴があるのを発見。
その上部にはフレームの頑丈そうなパイプ。 お誂え向き♪
「ここに棒を立てて、リアサスには干渉しないよな?」
クリアランスを確認したり、穴径や位置を測ってメモしたり。

その場で、フリーハンドのポンチ絵を描いてみる。
正直、この図だけで製作できるけど、そこは「お家遊び」。
それでは、次は楽しく図面を引いてみましょう!

今どき、「引く」といっても定規は使わない。(苦笑)
夕食後にコーヒーを淹れて、CADでのお絵描きタイム。
最近、仕事でも遊びでも自分でモノを作ることが減り、
こんな簡単な図面でも、思案しながら引くのが楽しいな♪
20050301
 板材を切って、穴を開けて・・・、

「アルミ材でも樹脂材でも、フレーム直撃は嫌だな。」
「ノギスでの手測定だし、誤差を吸収できる構造に。」
「ボルト止め部はナットで固定するか? タップを切るか?」
「溶接ビードの逃げは、切る? 削る?」  などなど。

フレームに当てるところは、ゴム足でも付ければいいか。
回転方向の誤差は、ゴムの厚みかスペーサーで調整しよう。
丸型で大きすぎると周囲に干渉するので、角型が良いかも。

よく見えるような場所なら綺麗に削り出したいところだけど、
適当な厚さの板材を切って、穴を開けるだけで十分かな。
20050302
 ゴム足は、タップを切ってビス止め、と。

「図面」とは言いつつ、大事な寸法以外は「イメージ図」。
有りモノによっては形状も変わるだろうと思っていたけど、
そもそも、手持ちの端材に使えそうなものが無いぞ。(苦笑)
アルミもジュラコンも、板厚とサイズが中途半端で・・・。

こんな不急の部材調達のために外をウロウロしていたら、
それこそ本末転倒だし、製作は少し落ち着いてからだなぁ。
まずは型紙でも作って、寸法の確認でもしてみようか?

この休暇中に、どこまで手を付けるか。 ちょっと思案中。