なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
ぜひ、本館の掲示板へお願い致します♪  本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

nyamoは今日から仕事。 nyaponは今日までお休み。
nyapotaは午前中部活なので、nyamotaと2人で留守番。
「一緒に、公園まで遊びに行ってこようか。」

県立あいかわ公園の中にある、町の郷土資料館。
隔年の8月ごろ、町域の戦争資料に関する企画展が開催される。
今年は、以前から調べていた「相模陸軍飛行場」の写真集も
発刊されると知って、久しぶりに見に行きたいと思っていた。
19081901
 2年ぶりの開催

日産デイズ青ぎつね号で、宮ヶ瀬ダム隣接のあいかわ公園に到着。
曇り空ながら湿度が高くて暑い園内を歩いて、郷土資料館へ。
まだ開館5分前だったけど、涼しい館内に入れて頂けた。
19081902
 「もう入っていいって!」

まずは、nyamotaと一緒に常設展示エリアへ。
町内で見られる動植物や歴史、特産品や郷土芸能などなど。
保育園の頃に遠足で来たらしく、色々と説明してくれる。(笑)

今年の企画展、相模陸軍飛行場で実際に戦闘機に乗っていた方の
アルバムから提供された写真を多数展示。(館内撮影禁止)

訓練の合間に飛行機をバックに笑顔が見られる写真もあるけど、
解説を読むと、終戦を見届けることができなかった方々も多い。
戦闘機乗りといえば、当然ながら今の自分より若い人ばかりで、
どうしてもこみ上げてくるものが・・・。

nyamotaには、
「昨日お祭りに行った工業団地は、昔は飛行場だったんだ。」
「戦争の時には、亡くなった人がたくさんいたんだよ。」

外に出て空を見上げ、平和に感謝。
19081903
 ふわふわドーム

19081904
 「そのへんでやめとけー」(苦笑)

その後は、「どこでも、好きなとこで遊んでいいぞー。」
ふわふわドームで、汗だくになって遊ぶnyamota氏。
「おーい、1回休憩だ。 とりあえずお茶飲めー!」

一旦、エアコンの効いたパークセンターでクールダウン。
山を登って、アスレチック系遊具のある「冒険の森」へ。
nyaponは東屋で待機だけど、風がほとんどなくて蒸し暑い。
19081905
 冒険の森

「帰りは、あげぱん屋さんとジェラート屋さん、どっちがいい?」
と訊かれたnyamota、「どっちも行きたい。」(笑)

「じゃ、そろそろ、お隣の牧場に行ってジェラート食べようぜ!」
駐車場に戻って、続々と家族連れが入園してくる中を退場。
この時間に来ると遊具も空いていて、なかなか良かったな。

宮ヶ瀬の帰りに時々バイクでも立ち寄る、服部牧場へ。
日によって品揃えが変わるジェラート。 どれにしようかな♪
コーンにしたnyapon、外に出ただけで溶け始めて大変!(苦笑)
19081907
 濃厚でうまうま♪

19081906
 「お馬さ・・・、ロバさんもいる!」

つづいて、あげぱんと丹沢あんぱんで有名な「オギノパン」へ。
さすが、夏休み期間。 バイクもクルマも、駐車場はほぼ満車。
まあ、nyamotaの給食のパンを作ってる、普通の工場だけどね。

それでも、揚げたてホカホカのあげぱんは、やはり美味♪
19081908
 まだホカホカ♪

さあ、兄ちゃんが帰ってくる前に、お昼ご飯を買って戻ろう!
19081909
 相模陸軍飛行場関係写真集

買ってきた写真集を見る。

以前、我が町の古写真集が発刊された時も買い求めたけど、
戦跡に関わる歴史も、近代化遺産好きなら避けては通れない。

自分の戦争観は、両親から聞いた話や、小学校低学年の時点で、
広島出身の母が原爆資料館に連れて行ってくれたおかげで、
形成されたのだと思う。 衝撃は大きかったはずだけど。

チビ達とも、話をする機会を作らないといけないのだろうな。

今日は、午後から町主催の野外フェスティバルが。
町内の工業団地内の街路で、ステージイベントや出店などなど。

お目当ては、「国際交流屋台村」。
工業団地では、南米など各国の人が働いていることもあって、
国際色豊かな屋台が並んで、ご当地料理が楽しめる。
14時スタートなので、「おやつを食べに行こう」と。
19081801
 南米はブラジルとか

19081802
 メキシコとか

19081803
 アジアではタイとか

nyaponは、出張でのうまうまな食事以来、ずっとタイ料理推し。
お腹の耐久性の問題で、現地の屋台料理は我慢したけど。(笑)

試食したヤキソバとヤキトリも美味で、お買い上げ。
甘いフルーツのような物も入ったヤキソバ、不思議な美味しさ♪
どちらも、正確な料理の名前は不明・・・。(苦笑)
19081804
 「ヤキソバ」&「ヤキトリ」

普通のケータリングカーも、たくさん来ている。

厚木名物のホルモンもあったので、nyamoが「ぜひ食べたい」と。
炭火で焼いたホルモンは、柔らかくて臭みもなく、うまうまでした♪
nyamota氏のお口には、合わなかった模様。(苦笑)
19081805
 いい匂いが漂って・・・

19081806
 うまうま♪

nyamotaは、ゲームやくじ引きをしてみたり。
ステージでは、和太鼓の演奏やダンス、バンドのライブなどなど。

曇り空ではあるけど湿度は高めで、歩き回ると汗が流れる。
ステージイベントは、チラッと見ただけで退散。
夕方のサンバカーニバルは、一度見てみたいものだけど・・・。
19081807
 「歩行者天国、楽しーい♪」

酷暑の予報が出ている、台風一過の夏休み終盤。
その台風のおかげで、予定していたお泊りツーが流れた。
出撃しなきゃ、バイクは宮ヶ瀬往復だけで終わってしまう!
よし、前半のクルマ旅のように、涼しい午前中に高所を目指そう。

朝6時に出発、R412で相模湖、R20甲州街道を西へ。
山影に入ると、メッシュジャケットの腕などひんやり気持ちいい。
いいねいいね♪ 今の時間帯だけだろうけど・・・。(苦笑)

笹子峠を越え、勝沼から甲府盆地に下りていくと、
さすがに気温が上がって、信号待ちでは少々暑くなってきた。
それでも、R140雁坂みちで高度を上げ始めると、またひんやり。

三富の道の駅の手前では、路側の温度表示は20℃に!
涼しい道の駅で休憩。 さすが、我が家の真夏の車中泊スポット。
さて、冷たいお茶でも買おうか・・・、あれ?

リアケースの鍵、持ってくるの忘れたみたい。(泣)
19081701
 財布入りバッグは、この箱の中・・・

こまち号のGIVI製は、閉じるとロックする「大きなお世話」仕様。
お散歩ツーくらいだと、鍵をかけることなど無かったのに。
鍵の閉じ込みも怖くて、カールコードを付けて持ち歩いている。
完璧な作戦だと思っていたけど、持って来ないのは想定外。(笑)

さて、どうしますかね。 ここまで100km、燃料は大丈夫だ。
600円をポケットに入れておいたので、この先の雁坂TNは通行できる。
うまうまランチは諦めるとして、とりあえず埼玉 秩父入りするか?

いやいや、落ち着け。

トンネルの通行料金を払うと、全財産は20円。(笑)
今日みたいな日に水も買えないなんて、午後には倒れるぞ?
ETCカードも未挿入なので、「帰りは高速で」もできない。
もしお巡りさんに免許証の提示を求められたら、不携帯扱いか。

「これは、『今日は早めに帰れ』ということだな・・・。」

気温20℃、涼しい朝のお散歩ということで納得しよう。
フルーツラインのクネクネを楽しんで、勝沼から再び甲州街道へ。

笹子峠の手前、甲斐大和の道の駅で休憩。
「ソフトクリームあるかな?」と思ったら、フードコートは開店前。
水を買っても仕舞えないので、ジャケットのボトルポケットに。
この夏ジャケのボトルポケット、絶対に縫製を間違えてる。(笑)
19081702
 コミネさん、これ表裏を逆に縫ったでしょ?

大月あたりから、本気で暑くなってきた。
アスファルトの照り返しとラジファンの風で膝下が熱い!
神奈川に入り、道志みちとの分岐では、数百メートルの渋滞。

宮ヶ瀬経由も考えたけど、いつもの駐車場は日陰がないし、
道の駅でソフトクリームが食べられなかったのが心残り。(笑)
我が家まであと1kmちょっとの、玉子屋さんの直売所に。

黄色いソフトのスモールサイズ、今日もうまうまでした♪
東屋のベンチで休憩。 日陰と、背もたれのある椅子が嬉しい。
19081703
 黄色いソフト、うまうま

【問題】
nyaponくんは、600円持ってツーリングに出かけました。
途中で、130円のお水と140円のソフトクリームを買いました。
ポケットには、あといくら残っているでしょう?

「おやつは300円まで」のようなお散歩ツー、一応無事に帰還。
あまりの暑さに、「とっとと帰ってきて正解だったのかも。」
時間はちょうどお昼。 お腹が空いたー!

もう今日から、台風の影響でバイクには乗れないと思っていた。
朝から、日が射したり雨がパラッときたりを繰り返していたし。

しかし、午後になって明るくなったので外に出てみると、青空が。
それでも空の8割は雲で、日を遮ると良い風が吹いている。
「これは、案外お散歩日和なのかも・・・」

今回の台風、神奈川あたりでは嵐というほどの予報ではないけど、
さすがに明日は、終日雨と風が続くということになっている。
「今日のうちに、少しだけ乗っておくかな♪」
急いで準備をして、3時の「宮ヶ瀬缶コーヒー」へ。
19081401
 青空と雲の配分が絶妙で

湖畔の道に出ると、遠くの雲から流れてきた霧雨が。
メッシュジャケット越しに感じる空気がヒンヤリ。
街中のミスト装置のようなもので、これは気持ちいいぞ♪

いつもの駐車場に着くと、一瞬パラっと降ったけどすぐに止んだ。
天気予報に傘マークが並んでいたからか、空いている。
このくらいの混み具合の方が、のんびりできていいな。(苦笑)
19081402
 時々、天然ミストが舞う

決して涼しいほどじゃないけど、湖畔の風と天然ミストはいいな。
今日に限っては、エアコンの効いた部屋から出てきて正解だった。

さて、明日は1日おとなしくしているとして、
嵐が去ったら、どこかへ日帰りツーにでも思っているのに、
今度は台風一過の猛暑になるのだとか・・・。(苦笑)

とはいえ、まずは各地に被害が出ませんことを。

夏休み後半、nyamoとチビ達は、じぃじの家にお出かけ。
「お泊りツーリングでも行くなら、ゆずさんも連れてくよ。」と。
わーい♪ 急いでプランニングして、安宿も確保した。

筑波山から奥久慈を抜けて福島入り。 白河で1泊。
南会津から「酷道」で奥只見を抜けて新潟へ。 南魚沼で1泊。
翌日は、元気があったら埼玉 秩父から帰ろうかなぁ♪ なんて。

休暇に入る前は、熱中症に注意しなきゃという予報だったのに、
超大型のヤツ、台風10号「クローサ」が接近してきた・・・。
とっとと行けばいいのに、停滞で時間調整までして。(苦笑)
19081201
 出発は雨の中ね・・・(我が家の辺り)

19081202
 はいはい、到着の頃は大雨ですか(福島 白河市)

初日は、雨雲と一緒に北上していく感じなのか?
翌日も、天気は曇りベースながら時々雨で、風は強いという予報。

東日本では災害級の風雨は予想していないようだけど、油断は禁物。
ちょうど、「災害通行止め」常連の酷道を走ろうという日だし、
路面に落石や土砂、木の枝や葉っぱだらけじゃ、全然楽しくない。

せっかく送り出してくれた家族に対してはもちろん、
休暇明けには職場メンバーの安否報告を受ける立場としては、
「台風の中を走りに行って、転んで怪我した」は無い。(苦笑)
ここは、大人の判断でキャンセルしましょう・・・。

よし、ゆずさんも、お家にいていいぞ♪ 
まあ、「行かない」となると、案外晴れたりするんだよなぁ。
夏休み後半は、ゆずさんと遊びつつ、晴れたら日帰りツーだ!