なんちゃって田舎暮らし 別館

当ブログは、我が家のWebサイト「nyaponとnyamoの なんちゃって田舎暮らし」の日記別館です。

日記別館では、個々の記事へのコメントはお受けしておりません。
ぜひ、本館の掲示板へお願い致します♪  本館はこちら ⇒ http://nyapon.com

毎年この時期、Adobe Photoshopの契約更新が。
Ps と Lr のみで980円/月(税別)の一番安いプランではあるけど、
レタッチからプリントまで「写真が趣味」だった頃とは違って、
最近は、とても使い込んでいるとは言い難い状況に。

とはいえ、Webサイトやブログにアップする写真はイジるので、
「何か良いソフトはないかな?」と時々リサーチはしていた。
定額課金のサブスクリプション契約ではない妥当な価格で、
フォトショから乗り換えやすいUIが実装されているものをと。

メジャーなのは、無料ながら機能では負けない GIMP か。
トライアルしたけど、多くの人が言うように「操作性が・・・」。
慣れ親しんだフォトショのそれとは違いすぎ、結局移行できず。

契約更新の予告メールを見て(苦笑)、久々にリサーチを。
「フォトショでできることはほぼできて、操作性も近い。」
「サブスク契約ではなく、6,100円(税込)の買い切り制。」
ほほぅ。 この Affinity Photo って、なかなか良さそうだな。



10日間は無料試用できるらしいので、ダウンロードしてみよう。

「おっ! 初めてでも、フォトショ感覚で普通に使えるじゃん♪」
RAW現像からレタッチ、ブログ用画像のエクスポートまで、
ヘルプやチュートリアルを何も見なくても流すことができた。

RAW現像はフォトショより少し時間がかかるけど、許容範囲。
評判では動作が軽いとのことだったけど、これは環境の問題か。
RAWの取り込み時にカメラでの縦横比設定は反映されず、
ずべてセンサーサイズとなるのは、今後の機能向上に期待。

操作に細かい差異はあるものの、UIやヘルプは日本語対応だし、
これなら、特にストレスもなく乗り換えられそう。
19102602
 スクリーンショット

しかもこのAffinityさん、たまに値引きセールをやっている模様。
数か月おきに、20%OFFとか50%OFFとか。
色々情報収集していたら、まさにその時点で実施中だった。

但し、どうやってもストアサイトからは直接行けないページで。
メルマガを購読している人にだけ展開されているセールとか?
何はともあれ、驚きの50%OFFで3,060円(税込)に。

どこを探してもセール期間の表記が見つけられなかったので、
まだ無料試用期間は残っていたけど、急いで購入!
年間で約13,000円になる、フォトショの契約は解約した♪

これで、お泊りツーを年にもう1回くらい増やせるかな。(笑)

今週末は晴天の予報。 日曜日は出られないので、今日だ!
あれ? 朝起きて新聞を取りに外に出ると、めっちゃ曇天。
遠出はやめ。(苦笑)日が射し始めた10時過ぎ、ランチツーへ。

久しぶりに、伊勢原の山盛りのそば屋さんに行ってみよう。
新東名に先行して開通した、伊勢原大山ICへのアクセス道路で。


黄色点線の南側の部分は、すでに開通済み

19110901
 「おぉ、いい道ができてる・・・」

大山参道の「山そば店」さんに到着。
今日も、天ぷらを揚げるごま油の香りが食欲を・・・。
注文もいつもの、「もりと、かき揚げを皿でお願いします。」

以前、「おじいちゃん店主がいなかった」と聞いていたけど、
今日は厨房に立たれていて一安心。 でも始めて見る若い方も。
盛りの方は変わらぬボリュームで、満腹満足♪
19110908
 ごま油のいい香りが♪

19110902
 このボリュームで、500円+150円!

少々苦しいお腹で、再び、伊勢原大山ICの脇を抜けて。
伊勢原JCTからここまでの1区間は年内に開通予定だったのだけど、
先月の台風19号の影響で2020年3月に延期された。

このK603も北側部分が開通すると、「分れ道」交差点につながる。
そうすると、厚木市東部や清川村方面とそば屋・・・じゃなくて、
伊勢原大山ICとのアクセスがかなり良くなる。(笑)
まあ新東名自体、静岡方面が開通してナンボだろうけど。
19110903
 E1A 新東名 伊勢原大山IC 入口

19110904
 K603 北側の工事は、まだこれから

鉄板コース、清川村の土山峠から宮ヶ瀬へ。
何だか今日は、宮ヶ瀬エリアに入る前からヤエー率高し。
片勾配の峠を登り切った途端に、目の前に満水の湖が。
水の色はまだ茶色のままで、流木もたくさん。

K70 ヤビツ峠方面は、台風以来の通行止めが続いている。
年内の復旧は、とても無理そうな被災状況だと聞いた。
19110905
 本日の貯水率 97%

いつもの駐車場に着いてみると、
「あれ? この先の北岸林道のゲートが開いてるぞ?」
Googleマップでは通行止め表示だったけど、開通した模様!

空はすっかり快晴に。 ピーヒョロローとトンビも旋回中。
ホットのカフェオレを片手に、皆さんのバイク見物。
珍しいTDR125を2台も見たのが、本日のハイライト。
125くらいの2st、面白そうだなぁ。
19110906
 1本だけ見頃(笑)

19110907
 午後は、お散歩ツー日和に

今日復旧したばかりという、北岸林道で帰途に。
これで、湖を周回してオギノパンへというルートが復活した。

途中、何か所かで路面の土砂を取り除いた跡が。
ダムサイトの脇では、路面から土埃が上がるほどだった。
コーナーにも砂利や土が残っている場所があるので、
特に自転車やバイクは、通行の際はご注意くださいませ。

就職して神奈川に来て、まだクルマも持っていなかったころ、
海老名と横浜を結ぶ、相模鉄道の沿線に住んでいた。
観光ガイド片手に横浜に遊びに行く時にも、よく利用した。

その相鉄線が、今月末に念願だった都心直通を果たす。
何しろ、首都圏の「大手私鉄」の中では唯一、
都内に乗り入れておらず、他社線との直通運転もなかった。



西谷駅から東海道貨物線の横浜羽沢駅の間に、連絡線を建設。
横須賀線・埼京線経由で、新宿・大宮・川越方面へ直通する。

今日、用事があって相鉄線で横浜に出かけたのだけど、
各駅では開業予告のポスターやバナーがいたるところに。
相模大塚駅の留置線には、既にJR埼京線のE233系の姿も。
久々に、「鉄」の血が騒いでキョロキョロ・・・。(笑)
19110301
 真ん中と、真ん中をつなぐ

横浜の「真ん中」と東京の「真ん中」というのがポイント。
海老名・大和~新宿方面直通なので、実は横浜駅は無縁。
それどころか、一部の列車は、相鉄の本拠地に来なくなる。
とはいえ、沿線の価値向上という意味は大きいのだろう。

我が家からだと、新宿ならば当然今後も小田急線を使う。
横浜羽沢から東横線日吉への連絡線を建設していて、
2022年開業予定という相鉄・東急直通線の方に期待かな。

途中の新横浜に駅ができ、海老名から乗り換えなしになる。
数少ない小田原停車の「ひかり」が選べなくても、(苦笑)
大混雑&乗換えの面倒な新横浜駅へのアクセスが楽に♪

午後になると晴れ間が見えて、「3時の缶コーヒー」かなと。
バイクのエンジンを掛けて、まさに出発しようとしていたら、
買い物と用事を済ませたnyamoが帰ってきて「私も行くっ!」。

宮ヶ瀬方面の道路状況を確認しようとSNSを検索していると、
美味しいと評判の焼いも屋さんが近くに来るとの情報。
15時開店らしいので、おいもを買って宮ヶ瀬で食べよう♪

神奈川県内各地に出没している「みなと屋」さん。
今日は、愛川町半原のR412沿いにある古着屋さんの前で。
すでにクルマもバイクも数台停まっていて、絶賛営業中。
19102701
 石焼いも 「みなと屋」さん

19102702
 「2本買ってね♪」

とても愛想の良いお兄さんとお姉さんのお2人が接客。
「今日は、ツーリングにも良い天気になりましたね!」
お客さんみんなと楽しそうに話しながら、おいもを手渡してる。

持参した保温バッグに大事にしまって、宮ヶ瀬へ急ぐ。
台風19号の後は通行止めとなっていた、K514で。
路面には、まだ砂利や土が残っている場所もあるので注意。
いつもの駐車場でコーヒーを買って、「おいも、早く!」(笑)
19102703
 本当にトロットロ!

半分に割ってみたら、本当にトロトロで蜜が流れ出しそう♪
一口食べてみると、2人して「うわっ、甘っ!」。
食べているだけで、手がベトベトになるくらいジューシー!

この美味しさで、あの温かい接客。 常連さんも多いはずだわ。
何だか、やんちゃなクルマのお客さんが多かったけど。(苦笑)
愛川にもよく来てくれるようなので、またリピートしなきゃ。
19102704
 ブラックコーヒーとよく合う♪

路側の温度計は18℃で、走っていると少しヒンヤリだったけど、
ホカホカの焼いもとホットコーヒーが美味しい季節に。(笑)

宮ヶ瀬湖はまだ茶色。 水面にはたくさんの流木も。
北岸林道と道志みちへ抜けるK64は、まだ「災害通行止め」。
それでも、今日も多くのバイクやクルマで盛況。
山中湖方面へ行けないので、ここが終点の人も多いのだろう。
19102706
 宮ヶ瀬は今日も元気です

北岸林道は通れないけど、同じルートを戻るのはつまらない。
鳥屋からK513経由で帰途に。 暗くなる前に無事帰宅。

往きのルートでは、スプラッシュが上がることは無かったけど、
帰りは、斜面からの水が路面を流れている所が多かった。
宮ヶ瀬周辺も、通常モードに戻るにはもう少し時間が必要かな。

バイクに乗る時に身に付けるプロテクター。
上半身は、肩・肘・脊椎に標準装備のジャケットを選択。
胸部は、夏冬ともオプションのハードタイプを装着している。
脚部は、冬はパンツに内蔵のもの、夏場は外付けのものを着用。

死亡事故での損傷部位は頭部に次いで胸部が多いらしいけど、
負傷事故で一番多い損傷部位は、やはり脚部なのだと。
まあ確かに、立ちゴケレベルでも膝が接地してしまうことは多い。

こういうのって、一度使い始めると手離せなくなってしまう。
以前、近所だからと膝プロテクターを付けずに出かけたら、
何だか、パンツを穿かずに外出しているような不安感が・・・。
いや、パンツ穿かずに出かけたことはないのだけど。(笑)

その愛用の膝プロテクターが、少し前からくたびれてきていた。
一部がネオプレーン素材でフィット感も良く歩き易かったのに、
ベルトの部分が伸びてしまい、運転中にもずれてしまうように。
そしてついに・・・
19093001
 裂けちゃった

まあ、これは品質云々じゃないだろう。 4年半、よくがんばった。
最近このブログでも、プロテクター導入記事へのアクセスが多い。
ここ数年の業界や警察などによる啓蒙活動の成果なのか、
宮ヶ瀬などでも、上下とも装着している人が増えた印象がある。

久しぶりに調べてみると、やはり信頼できそうなのはコミネ製か。
同じものにしようかとも思ったけど、最近は安全規格適合品も。
せっかくなので、CE規格レベル2に準拠したものにしてみた。
19102601
 ロゴは、いらないのに(苦笑)

商品写真では「KOMINEのデカいロゴが・・・」と思ったけど、
実際はベルトが短めで、前からはそれほど目立たない。(笑)
こういうデカいロゴ、昔ながらのバイク用品デザインだよなぁ。
CE規格認証をやたら主張する、黄色いエンブレムもご愛敬。

膝、脛に加えて、脛外側の腓骨部が増えて3枚構成になった。
膝のカップが大きくなり、確かに衝撃吸収性も向上している。 
脛部も下に伸びて、シューズ近くまで広範囲を覆うように。
その分、装着時の見た目の存在感は、以前より増したけど。

運転中も歩いているときもずれず、フィット感も良好だった。
もうすぐ、冬パンシーズンに入ると春まではお休みだけど、
これからも「こいつのおかげで助かった」なんて事がなく、
また何年か後に、経年劣化のみで更新できますように・・・。